ブラジャーのつけ方

正しいブラジャーのつけ方は、

1、ブラジャーの肩紐を両肩にかけて、カップの下を持ち大きく前かがみになりながら
乳房をカップにあわせてホックをとめます。

2、カップの中に胸周辺の肉を寄せ集めてカップに入れます。
片手でブラジャーを浮かせて、もう片方の手の平で包みあげてカップに入れます。

3、姿勢を正して紐の長さやカップの微調整をします。

そのブラジャーが、その人に合っているのかは次のほう方法で判断します。

1、両手を挙げてブラジャーが浮き上がらないか。

2、ブラジャーのラップ先端が浮き上がっていないか。

3、外したときに変に跡がついていないか。

そして、一般的にカップの位置は、肩と肘の相田が一番よいとされています。
また、自らの手でバストを下から持ち上げて、一番楽だと感じるところが良いともいいます。


«バストが小さい理由 ss ⇔
豊胸・バストアップと冷え性について»