豊胸・バストアップの為の食生活の基本

バストの組織は、そのほとんどが脂肪です。しかし、だからといって体に脂肪をつければ、バストアップができるものではありません。そもそも胸の脂肪と体の脂肪は別物で、体の脂肪が増えたからといって、胸の脂肪が増えるかといったら、絶対にそうなるとは言い切れないのです。なぜなら、胸の脂肪は乳腺の発達と共に増えるものだからです。

では、豊胸・バストアップの為にはどのような食生活がよいのでしょうか?

答えは、良質な動物性たんぱく質と植物性たんぱく質を摂取し、多少動物性たんぱく質を減らすと良いです。動物性たんぱく質を減らすのは、そうする事で、体質により太る事が抑えられます。良質なたんぱく質は、女性ホルモンの分泌を促すと共に、胸の脂肪の形成に役立ちます。

これに加えビタミンEを摂取すると良いでしょう。これは、バストの張りを出すもので、ほうれん草や牛乳に含まれています。ちなみに、ビタミンB1、B2は、筋肉の緩みを抑えて胸をキュッと上げます。これは、かぼちゃや長ネギに多く含まれています。

«豊胸・バストアップに必要な食生活とは? ss ⇔
豊胸・バストアップの為のビタミンA»