豊胸手術 ~パック挿入の基礎知識

豊胸・バストアップのために胸にバックを挿入方法による手術についての基礎知識をご紹介します。

そもそも、私がバック挿入法と呼んでいる豊胸手術は、このほかに人工乳腺法、バッグ挿入法、インプラント挿入など様々な呼び名があます。

これら豊胸手術はワキの下・乳輪部・乳房下のいずれかを切開し、バッグを挿入しバストアップさせる方法です。日本では、ワキの下をシワに沿って数センチ切り挿入する方法が一番ポピュラーです。

挿入するバッグは耐久性が向上しているので日常生活において破れることはほとんどありません。
万が一破れてしまっても、人体に悪影響のないものがほとんどです。

また、サイズは自分の理想を細かく指定できるので、自分の思い通りの大きさのバストにすることができます。豊胸手術後の傷跡は、時間の経過とともにシワとどうかし色も白くなるのでわからなくなります。

«豊胸手術とは? ss ⇔
豊胸手術 ~豊胸バックの大きさ»