豊胸手術 ~豊胸バックの形

豊胸バックにはその大きさも大切ですが、形も大切です。豊胸バックには2種類の形があります。それは、アナトミカル型とラウンド型です。

アナミトカル型

アナミカトル型とは、下が大きくなっていて、上が薄めになっている。いわゆる釣鐘型tの豊胸バックの形を言います。どちらかというと自然な形ですが、垂れた胸になることも多く、どちらかというと、バストが元々大きい方に適しています。


ラウンド型

ラウンド型とは、楕円形の豊胸バックで、いわゆるおわん型の豊胸バックの形の事を言います。見た目はかなり張りのある胸に見えますが、不自然張りをお婿とも多く、バックを入れている事がばれる場合があります。ただ、昔はラウンド型は不自然な形になる事が多かったのですが、最近の流動性のある豊胸バックならば、重力にしたがって多少の変形がなされるので、横になってもある程度は自然な形になります。


«豊胸手術 ~バック挿入の位置 ss ⇔
豊胸手術 ~豊胸バックの今と昔»