豊胸手術 ~バックはレントゲンに写るか?

豊胸手術を受けて豊胸バック(人工乳腺)を挿入した場合に、レントゲンでその豊胸バックは写るのでしょうか?

結論から言うと、健康診断レベルのレントゲンではまず問題ありません。レントゲンに移りにくい豊胸バックというものがありますので、毎年会社の健康診断がある方はそういったほう今日バックを選ばれるとよいでしょう。そうすれば、レントゲンに移りません。ただし、まったく写らないとは限りません。では写ってしまったらどうなるか?

例えば、会社の健康診断でバックが写っても、それはボンヤリとした陰になるだけです。こういった異常が認められた場合には、きちんと再検査をしてくださいという知らせがきます。再検査自体はどの病院を選ぼうが自由なので、まずは豊胸手術を受けた病院に相談をしてください。

*レントゲンに移るのは豊胸バックとバスト周辺組織のX線透過度が違うからです。ですから、透過度が同じものを選べば問題は解決します。また、病院によっては、手術後レントゲンを撮影してくれて、豊胸バックの映り具合を確認させてくれます。

«豊胸手術 ~脂肪注入法の注意点 ss ⇔
豊胸手術 ~豊胸バックの表面の種類»