豊胸バックの種類 ~バイオセルバック

豊胸バックのバイオセルバックとは、シリコンが液状でなくコヒーシブタイプなので、横になったときなどにバストが流れることがなく、自然な仕上がりとなるのが特徴で、とててもやわらかいです。。(McGhan社(アイルランドで開発)

このバイオセルバックは構造が三重になっています。皮膜が3重になっていることから耐久性に優れ内容物が流れ出ることがほとんどありません。生理食塩水水バックから交換される方もいるほどです。

切り口は3~4センチ程度で、非常に安全性が高く世界各国で高い評価を受けています。

バイオセルバック
安全性 5
外観  5
感触  4,9
耐久性 5
表面:テイクスチャータイプ

«豊胸手術 ~妊娠後の授乳に支障は出るのか? ss ⇔
豊胸バック ~CMCジェルバック»