テクスチャータイプは絶対にマッサージはいらない? ~被膜拘縮

豊胸手術で豊胸バックを挿入した場合には、バックの周りにできる異物反応の膜が硬くならないようにマッサージをするのが普通です。しかし、技術の発達をともに、マッサージをしなくてもよい(膜が硬くならない)タイプの豊胸バックが誕生しました。それがテクスチャータイプというほう胸バックで、表面がザラザラしています。

たしかに、テクスチャータイプの豊胸バックは膜が硬くなりません。しかし、マッサージをしなければ、豊胸バックが全く動かないために、仰向けになったときにバスとの流れが不自然になってしまいます。マッサージをすると豊胸バックは動くので、仰向けになったときにも自然なバストの流れを作り出します。

できる限り自然なバストに近づけたい方には、テクスチャードタイプの豊胸バックでもマッサージをする方が良いです。

«豊胸手術 ~手術後3ヶ月 ss ⇔
豊胸バックの入れ替え手術は可能か?»