豊胸手術のときの麻酔の種類

局部麻酔
末梢神経というところに麻酔を注入し、局部的に麻酔をかけるものです。意識ははっきりとしているので、麻酔からさめずに、、、ということもなく安全ですが、高度な技術が必要です。

全身麻酔
麻酔を血液によって全身に流します。これにより意識は失われます。目覚めたときに気持ち悪いなどの症状が出ることがありますが、痛みに対しては絶対なので、多く用いられています。マスクで麻酔をすわせることが一番多いです。

静脈麻酔
静脈に麻酔を注入する方法です。この麻酔方法を持ちいると数秒で意識が失われます。かなり効き目のよい麻酔といえます。

«豊胸バックの入れ替え手術は可能か? ss ⇔