乳輪を小さくする ~乳輪縮小~

バストと比べると乳輪が大きいことを専門用語で乳輪肥大といいます。乳輪肥大は遺伝的要素が大きく防げるものではありません。(比較的バストの大きな方が多いです)

手術の方法
・局部麻酔
・縮小したい部分だけ乳輪を円状に剥ぎ取り、周りの皮膚と縫合します。
・手術時間は2時間程度です。
・日帰りが可能です。

手術後
・傷は10日で治ります
・翌日からシャワーが可能です。
・抜糸は一週間後くらいに行います。
・抜糸の翌日から入浴が可能です。

障害としては、時間の経過と共に皮膚が引っ張られて元の大きさに戻る場合があります。
この時は傷目立ち、なおかつ乳頭(乳首)が引っ張られて平らになる恐れがあります。

ですから、乳輪縮小手術をするときには入念なした調べと、相談が必要不可欠です。

«乳首を小さくする ~乳頭縮小~ ss ⇔
陥没乳首を手術で治す!»